www.oswild.com

残業は誰もがしたくはありません。しかし、残業しなければ仕事が回らない事もあります。 一人がこなすには仕事量が多すぎると分かっていても、人の問題で簡単に解決しません。 残業は一定の時間まで手当を支給するがその時間以降は認めないという制度を取り入れているケースがあります。 又、会社によっては残業手当を含んで給与を決めている所もあります。 その様な会社ではサービス残業になる事が多多あります。 要はどの様な制度であっても働く方の考え方が一番問題です。 終業時間から一時間ほどは残業をするとしても日常的に三時間も四時間も残業をしていては自分の生活が成り立ちません。 残業しないといけないのは適量の仕事量をはるかに超えているか自分の力量が劣っているかのどちらかです。 仕事量が多いのなら調整する事が必要です。自分の能力が劣っていると思うのであれば上司に相談して解決策を探さねばなりません。 長い人生ですから一時残業せねばならない事もあります。それはそれで頑張る事が必要です。 しかし、長い人生だからこそ自分を豊かにする仕事以外の何かを身に付ける事ももっと大切です。
Copyright © 1999 www.oswild.com All Rights Reserved.